# macOSのSidecarを使ってiPadを液タブ化してみた

どうも、最近お絵描きをはじめたaridaiです。
macOS Catalinaから Sidecar というiPadをサブディスプレイ化する機能が搭載されるようになったのですが、Apple Pencilの筆圧検知などもちゃんと対応しているみたいで、iPadを液タブ化してお絵描きをしてみました。

↓ こんな感じです。 (ソフトは CLIP STUDIO PAINT PRO を使っています。)

Sidecar

特に難しい設定も必要なく、公式の手順 どおりに機能を有効化するだけですぐに使えるようになりました。

クリスタの操作も以下のように直感的にできます。

  • ちゃんと筆圧検知がされる。
  • 基本的にはApple Pencilでタッチした部分だけ線が引かれる。
    • (指の誤タップによって、勝手に線が引かれるといったことがない。)
  • キャンバス部分を2本指でピンチすると拡大・縮小・回転の操作ができる。
  • iPad左側の戻るボタンがちゃんとクリスタでも動作する。

Bluetoothで接続するパターンでやっているのですが、素人目で見る限り、特に目立った遅延などもありませんでした。 普通に満足な使い勝手です。
初期投資も手軽でとてもおすすめなので、みなさんもぜひiPadとMacでお絵描きしましょう!