# 【中華スマホ】DOOGEE Y8を購入してみた

新しいAndroidの実機がほしかったので BanggoodDOOGEE Y8 を購入してみました。

# 届いたもの

こんな感じのスマホです。

DOOGEE Y8 本体 (前面)

DOOGEE Y8 本体 (背面)

届いたパッケージはこんな感じです。

DOOGEE Y8 パッケージ (前面)

DOOGEE Y8 パッケージ (背面)

DOOGEE Y8 パッケージ (同梱物)

# 使用感

値段 ($74.99 / ¥8981) の割には結構ちゃんとしている感じです。

OS Android 9.0 (Pie)
CPU MT6739
GPU IMG GE8100
RAM 3GB
ROM 16GB
サイズ 6.1インチ
解像度 1280x600 (32:15)

かなりの縦長で、iPhone SE と比較してみるとこうなります。
(ちなみにこの汚い画像は AQUOS CRYSTAL で撮影しました。今までのAndroidアプリの実機デバッグはこの Android 4.4 Kitkat 世代のマシンでやっていました。これでやっと、この低APIレベル地獄から解放されます。やったね! 🍣)

DOOGEE Y8とiPhone SEとの比較

動作速度は特に気になることはないですね。
今まで使っていたものが貧弱だったので、そう感じるだけなのかもしれませんが。
カメラの質はレビューでも見られたように、そんなにいいものではありません。
私はそこを求めてはいないので別にいいですが、気にする人は注意が必要かもしれませんね。

さっそく、自分で書いたAndroidのサンプルアプリを走らせてみました。

DOOGEE Y8でのデバッグ

自作アプリの実行

無事に動作確認ができたので満足です。

# 海外配送

今回は香港からの海外発送にチャレンジしてみました。

DOOGEE Y8 トラッキング

2019/04/20に注文して2019/05/06に届いたので、届くまでに16日かかりました。
発送方法は Air Parcel Register で、他のレビュー記事でも書かれていた15~20日程度の範囲内で届きました。
おとなり中国の香港からの発送でしたが、できるだけ安い運送方法で発送されるみたいで、香港→シンガポール→スイス→神奈川 (横浜税関) という感じに送られてくるみたいです。

特にトラブルもなく無事に届いたので良かったです。
今後はこいつでAndroidアプリのデバッグをしていきます。